>  > 逃避行かもしれません

逃避行かもしれません

もしかしたらあれは旅行というよりも逃避行だったのかもしれません。毎日好きでもない仕事に追われて本気で何とかしたいって思っていたんです。これは何とかしなければならない。そう思った時、風俗と旅行が頭に浮かんだんですよ。さすがに妻に風俗に行ってくるとは言えませんが、旅行であれば言えるかなと。一人旅であれば別に浮気をしているとかではないだけに、これこそ自分の求める時間を演出出来るんじゃないかなって思ったんです。妻にも了承を得て一人旅。そしてその道中で風俗。そんな計画をしていたんですけど、計画は見事に遂行されました。きっと日常生活の中ではどうしても躊躇してしまったと思うんです。バレたらどうしようって気持ちもどうしてもあるでしょうからね。でも旅行中ってことでそういったことも感じる必要なく思う存分抜いて楽しめたんです。だからこれから何となくストレスというかガマンの限界だなって思ったら風俗が良いのかもしれません。

確実にテンションは高まりました。

あの日、確実にテンションは高まりました。それは風俗を利用することになっただけではなく、上玉風俗嬢と楽しめたからです。仕事を終えてから家に帰宅しようかなと思ったものの、よくよく考えたら妻は実家に帰っているので早く帰宅した所で家には何もないんです。外食でもと思ったんですけど、それ以上に風俗でもって気持ちになったんですよね。妻がいたら風俗を楽しむことは出来ません。時間の問題もあれば、バレたらというリスクがどうしても付きまといますし、そこで堂々と遊べる程自分の心は強心臓ではありません(苦笑)でも妻がいない。そこでまずテンションが高まりました。そしてデリヘル店に電話して女の子と合流したんですけど、そこでやってきたI嬢を見て更にテンションが高まったんです。あれだけの上玉はなかなかいないだろうと。それとも久しぶりの風俗だったので、既に彼女クラスは当たり前なのかは分かりませんが、ハイテンションで快感もマックスでした。

[ 2016-08-14 ]

カテゴリ: 風俗体験談